憧れの仕事の一つ!歯科衛生士にまつわる基本情報や役立つ豆知識と魅力をご紹介します!

医療の中で人気がありあこがれの職業とされている仕事があります。
それが歯科衛生士というお仕事です。
歯科の領域におけるいわば看護師さんというイメージを持っている人も少なくありません。
当サイトではこの職業の基本的情報や役立つ知識に魅力をご紹介していきます。
厳しい雇用情勢のなか、このような国家資格を取得し医療人として従事していくことはとても賢明な選択と言えます。
当サイトではこれからこの職業に就きたいと考えている方に役立てることを願っています。

憧れの仕事の一つ!歯科衛生士にまつわる基本情報や役立つ豆知識と魅力をご紹介します!

歯科衛生士とは専門職の一つであり、国家資格でもあります。
主に歯科クリニックや病院などで医療補助や予防対処、帆保健指導を行うんです。
国民の健康と福祉の増進医努めることはでき、非常にやりがいのある職業なんです。
歯科衛生士の豆知識としてご紹介したいのは、非常に働きやすく仕事に困ることがないということなのです。
看護師のように夜勤がなく、プライベートや子育てと両立して働きやすいうえ、求人倍率も全国共通して高いので復職もしやすい利点があるんです。

歯科衛生士とは国家資格で一生活かして働き続けることのできる人気の職業です!

健康的な口内環境を保つ為には歯科医師による定期的な診察を受けて、異常があれば早期に治療を開始することで口内トラブルを防止することが出来ます。
歯科衛生士とは診察や治療を行う、歯科医師のサポートを行っているのが主な業務内容です。
歯科衛生士は歯科医師と共に、人々の口内環境の健康を保つ為にとても重要な職業です。
歯科衛生士になる為には、国家試験に合格する必要があります。
専門的な知識や技術力を持つことで治療に使用する器材の管理や、患者のカルテの管理といった歯科医師のサポート的な業務を行うことが出来ます。
また口内トラブル防止に欠かせない予防処置を行ったり、患者の指導も行うのが主な業務で直接的な医療業務は出来ませんが治療には欠かせない存在です。
歯科衛生士とは国家資格を有して、生涯を通して働くことが出来る安定した職業です。
歯科医院だけではなく介護福祉の分野や、企業や行政などで働くことも出来る需要の多い職種です。

歯科衛生士の養成機関である大学や専門学校の学費はかなり高額で理系並み!

医療系のお仕事は昨今、非常に人気があって多くの学校が点在するようになりました。
どれも国家資格を取得することを目指しており、非常に高度な知識と教育を受けられるのが特徴です。
ここではそのうちのひとつとなる歯科衛生士の専門学校に着目をしていきましょう。
歯科衛生士を育成するのは大学と専門学校の2つの養成機関です。
これから入学を考えている方であれば、まず気になるのが学費でしょう。
前者の大学の場合は4年間通学をおこない、さらに基礎教養も含まれるので約400万円となります。
つぎに専門学校は2年間の在籍期間で国家資格の取得も含めた教育が特徴です。
学費は約300万円となり、ほかの学問を学べる養成機関よりも20パーセント程度はお高くなるのがポイントとなります。
歯科衛生士の場合、理系分野の養成となるため、少し費用がかかってしまいます。
その分生涯にわたって活躍できるお仕事なので、目指しておいて損をすることはありません。

歯科衛生士の養成機関の大学や専門学校では社会人からの特別推薦枠や入試制度もある!

歯科衛生士になるには、高校卒業後に養成機関である大学や専門学校に通わなければいけないと思われていますが、実は社会人からでもなることができるケースもあります。
多くの養成機関で特別推薦枠を設けていて、高校卒業者か高校卒業程度認定試験に合格していることが条件で、入学することができます。
一度は別の職業を選んだ人や別の分野の大学や短大に通った人が歯科衛生士になりたいと思った時に利用できる制度です。
養成機関ごとに条件は変わりますが、基本的に作文と面談によって選考されます。
なかなか将来がわからない状況の中で、就職しやすく安定した収入が得られる女性のための職業と言うことで、選ぶ人も多いようです。
入学後の環境に社会人からと高校卒業からの違いはなく、入学年齢の違いだけになります。
どちらかに優位性があるわけではないので、歯科衛生士について気になった時にいつでも受けることができます。
一度違う道を選んだからと言って諦める必要はないと言うことです。

歯科衛生士の転職事情!依然求人倍率は高く日本全国転職に困らない!

歯科衛生士の転職事情を知るために、求人倍率を知っておくことはとても大切です。
求人倍率とは求職者数と求人数の比率のことで、基準となる値は1です。
1よりも大きい場合は求職者数に比べて求人数が多い場合で、その逆の1よりも小さい場合は求人数に対して求職者数が多い場合になります。
一般的に求人倍率が1よりも大きい場合に、転職しやすいと言えます。
歯科衛生士の求人倍率は、2018年の日本歯科衛生士会の調べで21倍です。
21倍ということは、1人の求職者数に対して21もの求人があるということです。
この倍率は日本全国の平均ですので、地域における需要と供給のバランスにより大きく変わってくるでしょう。
歯科クリニックはコンビニよりも多いと言われており、日本全国津々浦々に存在します。
都会に歯科クリニックが多いのは分かりますが、田舎にも歯科クリニックがそれなりに存在します。
そのため、職に就くのに困ることは少ないでしょう。
いわば、自分が希望する職を選べるということです。

著者:江本寛之

筆者プロフィール

千葉県船橋市生まれ。
専門的な業種、特に医療系の就職・転職事情に詳しいライターです。
歯科衛生士の求人をチェック!